​配信開始します

 
 

赤レンガ卒業設計展とは

「赤レンガ卒業設計展」は関東の建築学生による卒業設計作品を集め、展示・公開審査を行うイベントです。
今年のテーマは「open up」です。
意味は、今年から新しい会場になり、その倉庫の扉を開け、一人ひとりの可能性、未来への扉をこの展示会を出発点として開けて欲しいという思いです。
卒業設計は設計の卒業であり入門でもあります。
みなさまのご来場を心よりお待ちしています。

 

新型コロナウイルス感染症への対応について

【一般公開中止のお知らせ】

この度、3月20日に開催を予定しておりました「赤レンガ卒業設計展2020」

では、先日お知らせした通り開催規模縮小の方向で準備を進めて参りいました。

他の卒業設計展が軒並み中止になる中でなんとか開催できる方法はないか協議

した上での決定でした。

しかし、新型コロナウイルスの感染状況を鑑み来場者及び関係者の健康・安全面を

最優先に考慮した結果、20〜23日の一般公開は中止にし24日の無観客審査会のみに

すべきと判断致しました。

開催間近のご案内となりましたこと心よりお詫び申し上げます。


赤レンガ卒業設計展は17回目を迎えた本年より全国公募制とし、運営委員一同さらに多くの

建築学生による4年間の集大成とも言える卒業設計を皆様方にご覧頂きたいという思いの中、

このような決定をお伝えする事となってしまったのは大変心苦しいですが、

何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


赤レンガ卒業設計展2020 運営委員一同

 

​実行委員長挨拶

「赤レンガ卒業設計展」は建築学生による卒業設計作品を集め、展示・公開審査会を行うイベントです。本設計展は2004年に10大学の建築系学部によって「10展」として始まりました。年々参加校も増加し、昨年度は関東圏内の公募制で行うなどその規模は拡大しつつあります。

そして更なる発展を目指し、17回目を迎えた本年度よりついに全国公募制となります。
また、会場も心機一転して建築倉庫様の横に位置する「G1-5F」で開催します。
公開審査では、日本最前線で活躍されている建築家の方々をお招きし、毎年熱い議論が繰り広げられています。本年度は審査委員長を決めないことで、今までにない、より白熱した議論となることでしょう。

今年度のテーマである「Open up」には「新しい未来への開拓」「新しい繋がりを生む」という想いが込められています。
卒業設計は建築学生の皆様にとって四年間の集大成であり新たな門出でもあると思います。
また、本年度は赤レンガ卒業設計展にとっても挑戦の年です。
本設計展を通して、卒業設計作品が新たな未来へと繋がることを願っております。

建築学生をはじめとした全国の皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

​​  赤レンガ卒業設計展は全国公募制です!

  皆様からの応募お待ちしています!

 

会期:2020/3/20(金)~/24(火)

       *24日は審査委員による講評審査会

時間:9時30分~18時

   公開審査会ー13時~予定終了時間18時

会場:寺田倉庫G1ー5F

        (東京都品川区東品川2−4−6)

 

お問い合わせ

 

特別協賛

​​総合資格学院


会場協賛

寺田倉庫・建築倉庫

 

​協賛企業​

株式会社 三栄建築設計

大和ハウス工業株式会社

株式会社日刊建設通信新聞社

グラフィソフトジャパン株式会社

株式会社 綜企画設計

スターツ CAM 株式会社

​戸田建設株式会社

株式会社アール・アイ・エー

​株式会社日建設計

株式会社 長谷工コーポレーション

株式会社安井建築設計事務所

​積水ハウス株式会社

​​日本住宅株式会社